Share on Facebook
LINEで送る

活性酸素とは?

活性酸素はもともと身体にとって必要な物質です。
体内に侵入した細菌やウィルスを撃退するために、白血球から放出されます。
殺菌、消毒としての役割があります。
一方で、身体に悪影響を与えてしまうといった面もあります。
人間はおよそ60兆個の細胞で構成されますが、その細胞の外周にある細胞膜は不飽和脂肪酸という油を含んでいます。
不飽和脂肪酸は活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化してしまいます。
鉄が酸化して錆びるのと同じように、体内でも活性酸素の影響によって酸化が生じ、身体が錆びてしまうのです。
体内で取り込まれた酸素から発生する活性酸素以外に外的な要因で発生する活性酸素も存在します。
紫外線や放射線などが細胞に照射されると細胞内に活性酸素が発生することが知られています。
これを利用したものに、がん治療として放射線治療などが有名です。
このように生体と活性酸素の関係の有害・有用の両側面においての研究が行われています。

活性酸素が引き起こす病気と症状

suiso_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です